表情筋トレーニングで顔のたるみなどを改善することができます

加齢とともに、顔の輪郭がぼやけてきたり、たるんできたりするものです。


そんなときに化粧品だけでなく、表情筋トレーニングで顔のたるみなどを改善することができます。

基本では、あ、い、う、え、お、を発音しながら、大きく口を開けたり、口をすぼめたりして行う表情筋トレーニングです。「あ」を発音するときには、口を最大限にあけます。「い」のときには、?の筋肉が横に引っ張られるような感じで発音します。「う」のときには、唇をすぼめて、前に突き出すようにします。「え」のときは?の筋肉に力が入るようにします。「お」のときは口の中に空洞を作るような感じで、顔の筋肉が前に飛び出すような感じで発音します。

この、あ、い、う、え、お、の表情筋トレーニングを行うだけでも、

顔の表情筋が引き締まって、顔のたるみなどにいい影響があると言うことです。

他にも、口を左右どちらかに持って行って、ひょっとこのような顔をして、表情筋のトレーニングをすることができます。